未来に待っている豊かさを信じて of nana iro

未来に待っている豊かさを信じて



今年はめいいっぱい夏を楽しみました
なんせ葉山には海がある


海に潜ったら
とっても気持ちよくて
水面に太陽の光がキラキラ光ってて
魚もたくさん泳いでて
地球堪能、って感じでした


これぞ夏の過ごし方!
というくらい夏を楽しみました


お盆を過ぎてクラゲが出て
海に入れなくなって
夏が終わって
9月になって
あー、楽しい夏が終わっちゃった、と
少し寂しい気持ちになりました



でも、9月に入ってすぐのある夜
ベランダに出で空を見たら
ものすごく綺麗な月が出でいました
しかも、海に月の道まで


今まで、月が綺麗な夜はたくさんあったけど
こんなに綺麗な月は見たことがなかった
さすがお月見の9月だな、と思いました



それまで冬も春も夏も
たくさん美しい景色を見せてもらって
楽しい時間を過ごして
あとは引っ越してきたときと同じ秋が巡って
季節が一周するんだな、くらいに思っていたのに


まだこんなに美しい景色が待ってたなんて
自然はどこまで豊かなんだろう
自然の豊かさには限りがないんだな、と思いました



新しい季節が巡ってきたら
ちゃんとその季節の豊かさが待っていてくれる



この仕事をやめてしまったら
この人と離れてしまったら
これをやると、やらないと決めてしまったら
その先に豊かさが待っているんだろうか?
そんな不安にかられることもあるかもしれない


でも自然はそんなことありません



楽しい夏が終わったら
秋には秋の美しい景色が待っている
秋の豊かさが待っている



私たちの人生もきっと同じ
ちゃんとこれからの未来に豊かさが待っている



今は現実にはなくても
そう信じれないときがあっても
きっとあなたに必要な出会いや出来事が待っている


だからまずは
今の自分にたっぷり安心して
今ある豊かさに目を向けて
自分の気持ちに正直に進んでいけば大丈夫



人生は何が起こるかわからないし
自然の豊かさに限りはないから∞